アクセスカウンタ

金子晴美のMy Favorite Things

プロフィール

ブログ名
金子晴美のMy Favorite Things
ブログ紹介
身近な出来事、地方のライブ、コンサートなどで見つけた面白い物を紹介していきます。たまにこのページを開いてみてください。 
   ジャズボーカリスト 金子晴美
URL http://www.vo-harumi.net/


zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ツバル続き
ツバル続き 私はこの小さな国について全く無知でしたが、15年も前からこの国の自然にひかれ、温暖化で危ぶまれるツバルの未来を見守っている団体がありました。詳しくはコチラを。 http://www.tuvalu-overview.tv/ 写真は今回 離島ツアーの中で植樹体験させていただいたマングローブの苗です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2014/01/28 10:13
ツバル
ツバル クルーズの仕事で、南太平洋の「ツバル」と言う国に立ち寄りました。珊瑚で出来た海抜1メートル、国民が5500人、と言う名前も知らなかった国です。そこで人生いちばんの澄みきった海と、優しくはにかむ笑顔の人たちに出会いました。感覚のどこかで記憶にあるような、ここに帰ってきたかったような、不思議な体験でした。宇宙に浮かんでいる地球の、その大きな海に包まれて、ぽっかりと浮かんでいた時の清々しい幸せが、いつまでも消えませんように。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2014/01/27 15:56
スタジオの秋
スタジオの秋 以前習っていた絵手紙の先生の作品展があり、しばらくぶりに先生の絵と向き合いました。大好きだった色づかいや、品よく伸びやかな字に触れて、本当に懐かしく、心地よく、立ち去りがたくなりました。その気持ちが収まらず、お願いをして数点をお借りして元町のスタジオに飾らせていただいています。大きな紙に力強く描かれた石榴や柚子、葉書の中の立派な柿など、スタジオが秋の風情一杯になっています。 絵に囲まれる幸せと同時に、あぁ、もう少し習っておけばよかったと 悔やまれる秋です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/22 15:09
月夜の月下美人
月夜の月下美人 中秋の名月前夜、一夜の花、月下美人が友人宅で咲くからと、何とも風雅なお誘いあり、初めて開花を観賞!22時には満開になりますとの御主人の宣言通り19時ころから蕾がふくらみ時間通りに満開に。膨らむ力で枝を揺らし、南国の薫りを広げながらの開花は神秘的。咲くときに「ポンッ」と音がするとの客人情報は、残念ながら未確認のまま、優雅な夜を楽しませて頂きました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/09/19 06:51
発表会インヨコハマ
一夜開けての発表会。発表会デビューの生徒さんたちの初々しさ、清らかさ、真剣さをはじめ、それぞれが一曲にかける思いが胸を打ちます。昨日のトニーベネットの感動と今日の歓動。歌でつながる遥かに遥かに遠い道であるようで、同じように心がキュンと揺すぶられる素敵さ。今日も…ありがとう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/09 07:09
トニーベネットイントウキョウ
登場した姿を見ただけで感激。軽い足取りとにこやかな笑顔にほっ。心地よいのりと変わらない切れのよいフレーズ。歌い、ステップを踏み、ほほえみ、全身で歌う楽しさとしあわせを現してくれてありがとう。思い出させてくれてありがとう。ありがとう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/09 06:31
BEATLES LOVE
経由地ラスベガスでシルクドソレイユを見る事になり、会場が近いという理由でBEATLESを選びましが、これが思いがけずgood choice。オープニングの空を舞う妖精のようなパフォーミングの中「Because 」が流れ、久しぶりに聞いた Because the sky is blue , it makes me cry…のシンプルな歌詞にこみあげてくるめものが…。いつの間にか、空の青さに胸うたれ、涙する年になっていたと言うことでしょうか。そしてその歌の世界を表現するパフォーマーたちも完璧の素晴... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/21 08:00
35年ぶりに
グランドキャニオンを訪れました。年月を経ても自然は変わりなく、果てしなく雄大で、再び新鮮な感動にガツンと打ちのめされました。そして先回と同じ夢…次回こそロバでキャニオンを下り、川辺でキャンプをしようと。次はきっと叶いそうな気がします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/19 08:47
33年ぶり
デビューアルバムでプロデュースしていただいたボブ・ドローさんが初来日。Blue Note で33年ぶりの再会!そして変わらぬ歌声を聞きました。Devil May Care 、 I'm Hip 、But For Now…、 軽妙なスウィングとウィットいっぱいに語るような歌を、なつかしく楽しみました。89才。楽しみながら、おもしろがりながら音楽に向かう、子供のような姿勢に感動を覚えました。その大きさが33年を経て、わかってきた再会でした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2013/06/30 10:53
kimiさん、wako さん、
kimiさん、ここ数日の雨で、あじさい元気そうです。このまま根付いてくれるといいですが。 wakoさん、書き込みありがとうございました。初心者もベテランも、jazzは、音楽は楽しいですね。明日、お待ちしていま〜す。 それにしても、私はスマホにしてからますます誤字が多くてすみません。どうか想像力たくましくして、おつきあいください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/27 22:42
人生初めてのごと
あじさいの挿し木をしました。きみどり色のパンツをか買いました! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/18 14:28
マイゴールデンウィーク
みなさん、楽しいGW過ごされたことと思います。私のGWは 映画「カルテット」、胃カメラ(セーフでほっ)、墓参り、義父誕生日会、友人のカレー店閉店でフェアウェルランチ、譜面整理、大好きな洗濯、名残惜しさに再びカレーランチ… でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/07 09:49
− タイトルなし −
bajiさんへ 度々遅くなるブログ返信ですが、またまたすっかり遅くなりすみません。鈴木治彦さんとは 今年も福岡日航でお会いします。最近は私も身近に感じる藤沢のお話し してみます〜。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/03 07:09
舗道に、水面に、散ったさくら。花もうせん、花いかだと言うそうですね。一つ学んだ今年のお花見でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/28 18:29
江ノ島歌舞伎とシラス丼
江ノ島歌舞伎とシラス丼 毎年、福岡日航ホテルで北村英治さん始め、ベテランが顔を揃えるのディナーショーに私も加えて頂いていますが、その司会をなさっている鈴木治彦さんは、歌舞伎評論家でもあります。その鈴木さんと中村獅童さんとの対談を含む歌舞伎フォーラムをポスターで知り、江ノ島へ。獅童さんの存在感、かっこよさに驚き、五才から歌舞伎を見たという鈴木さんの知識の広さに感心した時間。江ノ島名物のしらす丼と女夫饅頭をお土産に、満足の休日でした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/03/03 09:37
干し柿
干し柿 頂いた干し柿の蔕を使って、古いはぎれで柿を作ってみました。干し柿のやさしい甘さを思いだしながら久しぶりに針を持つと気持がゆったりします。適当に布を選んで、適当に縫うので、出来もさまざま。でもそれぞれがかわいいです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/17 17:33
ジャズ・イン・野沢
2013年2月10日、野沢ジャズフェスティバル 20回を迎えた今年も、ジャズが好き、スキーが好きな500名近いお客様が集まり大盛況! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/12 22:27
「名古屋ウィズ」にて
「名古屋ウィズ」にて 青木さんのいつもながらのスィングと美しい音色で、心地よく歌わせてもらいました。 バースディケーキと、皆さんのハッピーバースディの歌で、祝っていただき、 打ち上げには、大津からのお客様の いちご大福と くり鹿の子も加わって、 スウィートな打ち上げになりました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/27 22:20
スタン・ギルバートさんフェアウェルライブ
スタン・ギルバートさんフェアウェルライブ 2012年12月 14日、「Kei」にて スタン・ギルバートさんの帰国、フェアウェルライブ。 何時もながらの温かい音と心地よいビートに名残惜しいライブになりました! See you again!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/15 22:17
余韻…
大津ライブの後、三井寺を案内していただきました。静かな丘に木々や花に囲まれてお堂が点在し、琵琶湖の龍神や弁慶の言い伝えが残るこのお寺は、日本昔話に出て来そうな趣きです。そして日本三銘鐘のひとつに数えられる鐘。観光客もついてみられるこの鐘をついてみると…、柔らかい音色。そしていつまでも続きそうな余韻…。60秒くらいでしょうか…、思わず鐘の下に頭を入れて、その余韻を味わいました。昔の人々は一日の終わりに、一年の終りにこの音色を聞きながら、日々を振り返り、自分を見つめたのだろうなぁと思いながら、手を合... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/22 09:08

続きを見る

トップへ

月別リンク

金子晴美のMy Favorite Things/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる